Connecticut, US

November 16, 2018

2018年 11月16日(金) 東京で開催するフラゴメン・グローバル就労ビザセミナー Fragomen Global Immigration Seminar in Tokyo (Nov 16, 2018)

World Trade Center Bldg.
(Conference room on 38th Fl)
2-4-1 Hamamatsu-cho
Tokyo, 105-6103
Japan
フラゴメン法律事務所では、2018年11月13日から16日の間、東京、名古屋、大阪の3都市にてグローバルビザセミナーを開催いたします。今年で5回目となるこのセミナーでは、世界各国・主要地域の移民法の専門家を招聘し、英国、欧州、東南アジア・中国、豪州並びにアメリカ合衆国への人の移動に伴う問題点や戦略について、最新情報に基づき解説を行います。

今年のセミナーは、荒木信太郎(ニューヨーク事務所)、ハック・麗雅(ロンドン事務所)、ウィム・コクイット(ブラッセル事務所)、マーク・ブキャナン、ケネス・ラウそしてラジーバ・チャンドラ(共にシンガポール事務所)、ベッキー・シャァ(上海事務所)そして飯田求(メルボルン事務所)を予定しています。

情報満載の今回のセミナーは、フラゴメン事務所を代表する各国・地域の専門家が、法律の最新の傾向や変更点を取り上げご説明いたします。

各スピーカーが解説する主な内容は、次の通りです。

アメリカ合衆国
• 日本からアメリカへの人の移動に既に影響を与え始めている、アメリカ政府の新しい施策やポリシーについて
• アメリカ国内の日系企業に影響を与える可能性の大きい、今後予想される施策や規則変更と、それに対する企業の対応について
• ビザ申請審査の厳格化や企業への調査・監査が劇的に増える中で、企業への実践的なアドバイス

英国移民法に関するよくあるご質問 / EUに関する最近の変更事項
• 全般的な移民法へのコンプライアンスについて (訪問調査への対応、出張者の管理、顧客先など自社オフィス以外での勤務する場合、その他)
• 現地採用者のビザステイタスの維持・管理
• 社員が帰任後も、英国に帯同家族が残る権利について
• 英国の永住資格の維持
• 英国から見た、ブレクジットアップデート
• EU域内に於ける就労許可に対する、状況の変化―ICT permits and Researchers permits
• 勤務開始初日の時点で移民法への準拠の必要性が益々増加:移民法と社会保障、そしてPosted Workersのそれぞれの要件の融合が影響
• ブレクジット:社会保障税に関し、EU視点からのアップデート

東南アジア
• 域内の最近の傾向
• シンガポール、タイ、そしてインドネシアの比較・検証
• 今後の予想と、域内で操業する企業へ実践的なアドバイス

中国の移民法の現状 - 難点と好機
• 中国の移民法に関する最新情報
• 新しい施策がもたらす困難な課題とその影響
• 傾向とそこから学ぶもの

オーストラリア移民法の現状
• Temporary Skill Shortage visaの導入と、これがオーストラリアで事業を行う日本企業と人事異動に与える影響
• 代替となるビザの適切な使用方法 - Business Visitor とShort-Term Work visas

短期・長期出張者のビザ管理: アジア太平洋地域内に留まらない、世界レベルでの移民法への効果的なリスク管理対応へ向けて
• 移民法へのコンプライアンスに関し、御社にとって重要な鍵となるリスクは何か 
• 出張や短期・長期の出張やアサインメントに伴う移民法上のリスクを緩和する為に、何が必要なのか?
• 事前予見ができないことを予見する - 移民法コンプライアンスに関する監査を通じ、コンプライアンスリスクを軽減する 
• 社内でこのような施策やイニシアチブを実行していく上で必要な、モビリティー・人事機能の進化・変化

このセミナーは、無料で開催します。当日、英語の解説には逐次通訳がございます。

世界各国でビジネスを行う日本のグローバル企業のグローバル人事や採用担当者をはじめ、社員のモビリティーに関与する方々やご興味をお持ちの方々は、是非ご参加ください。多くの皆様にお会いできる事を、楽しみにしております。

Fragomen is pleased to announce our annual Global Immigration Seminar in Tokyo, Nagoya and Osaka, Japan from 13 - 16 November 2018. This event brings together some of the top minds in immigration worldwide to explore challenges and strategies around the movement of employees into the United States, United Kingdom, Europe, and Asia Pacific regions.

This year's speakers include Shintaro Araki (New York Office), Reika Haque (London Office), Wim Cocquyt (Brussels office), Mark Buchanan, Kenneth Lau and Rajeeva Chandra (Singapore office), Becky Xia (Shanghai office) and Motomu Iida (Melbourne office).

In the informative sessions, our esteemed immigration professionals will examine the latest immigration trends and highlight changes in compliance regulations.

Topics covered will include:

United States
• New immigration initiatives and policy that have already directly impacted the mobility of personnel from Japan to the US
• Proposed and expected policy and regulatory changes that will most likely affect Japanese companies in the US and what your company should do about it
• Practical advice for Japanese companies in the era of the increasing scrutiny on visa applications and the significant increase of corporate audit and investigation

Tackling frequently asked questions on UK / Recent developments in the EU
• Overall Immigration Compliance (immigration on-site audits, business visitors, and working at a third-party entity etc)
• Monitoring immigration status of locally hired employees
• Dependants' right to remain in the UK following the repatriation of the main applicant
• Maintaining UK permanent residence status
• Brexit update from the UK perspective
• The changing immigration landscape in Europe: towards European work permits - ICT permits and Researchers permits
• The growing need for Day One compliance in Europe: the integration of requirements for Immigration, Social Security and Posted Workers
• Brexit: update from the EU - the Social Security perspective

Southeast Asia: ups and downs & ins and outs
• Trends across the region
• A comparative look at Singapore, Thailand and Indonesia
• Outlook and practical tips for companies navigating the region

China Immigration Updates: Challenges & Opportunities
• China immigration updates
• Challenges and impact of new policies
• Trend & key takeaways

Australia Immigration Update
• Implementation of the Temporary Skill Shortage visa and how this will impact Japanese businesses in Australia and their mobility policy
• Appropriate use of alternative visas - Business Visitor and Short-Term Work visas

Raising the Bar: The Journey to Effective Immigration Risk Management in APAC & Beyond
• What are the key risks that matter to your business when it comes to immigration compliance?
• What must be in place to mitigate immigration risks pertaining to Business Travel as well as Short-Term & Long-term mobility?
• Expect the unexpected - Reduce immigration compliance risk through immigration audits.
• Evolution of mobility/ HR functions in driving those measures across organization.

The event is free to attend and will be presented in both English and Japanese.

We encourage all HR, talent acquisition managers and other representatives of Japanese companies doing business globally to attend.

If you would like to attend, please click the register button above.